愛犬の高齢化にともなって考えたいおススメなシニア犬用フードはピッコロ

シニア犬の健康を考えたレシピ・・・だが、美味い!それがピッコロ。

愛犬が高齢になったとき...今と同じフードを使い続けてよいと思いますか?

 

ワンちゃんの世界でも高齢化は進み、10歳をこえる高齢犬もたくさんいます。

 

通常、犬の世界では7歳以上をシニア(成犬より上の世代)となり、
明確な規定はありませんが、そこからいわゆる老犬の仲間入りをします。

 

 

ですが、いざ、シニア犬用ドッグフードを選ぶとなると、

  • なんだか美味しくなさそう...
  • カロリーをおさえることばかりでかわいそう...
  • このフードをずっと与え続けてよいのだろうか...

・・・といった疑問をみなさん考えられるようです。

 

シニア犬、年老いた愛犬に与えるフードには、
考えて、乗り越えなくてはいけない問題もいくつかあります。

 

高齢化にともなう機能の低下
・・・咀嚼力(そしゃくりょく=噛む力)、嚥下力(えんげりょく=飲みこむ力)、消化に関わる問題
関節などの痛みやカロリーの制限、そして美味しさ...。

 

すべてを兼ね備えた食事というのは、果たしてどれだけあるのでしょう?

 

もし、あなたがシニア犬用ドッグフード選びで迷っているなら、
ペット先進国イギリスからやってきた『ピッコロ』という名を聞いたことがあるはずです。

 

 

当サイトでは、
あなたと同じように、シニア世代となった愛犬のために考えた結果、
一足先に『ピッコロ』を選んだ方たちの意見を口コミとして紹介します。

 

 

あなたがシニア犬用ドッグフードを選ぶ際には、参考にしていただければ幸いです。

 

 

それでは、シニア犬用ドッグフード『ピッコロ』の口コミをみていきましょう。

 

満足度86.8%♪ 愛犬が喜んで食べてくれる! 食事を残さなくなった!

86.8%の飼い主さまが満足した理由は、口コミをご覧いただければ納得です。

 

あなたの不安が解消されるヒントがあるかも!?

 

お時間のあるときに、ゆっくりとご覧ください。

 

ずっと与え続けたいと思うフードに出会えました。

なかなか、ずっと続けたいと思うようなフードに出会えずにいましたが、ピッコロは違いました。
使われている物や栄養面を考えるようになった今だからこそ、ピッコロの良さが分かります。

 

ワンちゃんが家族だからこそ、使われている物や栄養面に気をつけたいのは当然ですね。
今、あなたがお使いのフードは、ずっと与え続けたいというフードですか?

 

こちらが心配になるくらいガツガツと食べるように...

運動量が減るのと比例して食事の量も減った愛犬に、なにか良いものはないか?と探しピッコロを試すことに。
うちの場合はよほど気に入ったのか、こちらが心配になるくらい勢いよくガツガツ食べるようになりました。

 

犬は老いると運動量が減り、食事の量も自然と減らすようになります。
心配になるくらいガツガツ食べるなんて、よっぽど気に入ってくれたようで、うれしいです。

 

とても美味しそうに食べてくれるので、私も満足!

ピッコロはシニア犬の健康を考えたレシピがとても気に入ったので試してみました。
最初は、うちの子もしっかり食べてくれるかな?と不安になりましたが、
とても美味しそうに食べてくれるので、その姿を見て、私も満足です。

 

「美味しそうに食べてくれる」というのはピッコロを試された方の多くが口にする感想です。
健康を考えつつ、“でも、美味しい”なら、言うことなしですね。不安も解消されて何よりです。

 

チキンとサーモンで70%配合なんてイイ!に決まってます

ピッコロは原材料のチキンとサーモンだけで全体の70%配合という部分に惹かれました。
食べはじめてから、便の調子もずっとよい気がします。

 

原材料にもこだわったピッコロは、チキン&サーモンが占める割合が70%もあります。
ドライフードでは、かなり思いきった配合率です。
お通じがよくなったというのもご意見としてよく目にしますね。

 

食欲がないときはおやつに頼っていましたが...

今までは愛犬の食欲がないときには、つい「おやつ」という手段に頼っていました。
ピッコロは小型犬(トイプードル)であるうちの子が喜ぶ粒感みたいで、これからも続けてみます。

 

つい「おやつ」分かります。
自分自身が食事のあとにおやつも!という場合、なんとなく引け目も感じますからね。(笑)
しっかりと食事を摂った上で、ご褒美にときどきおやつが理想かな?

 

ピッコロがシニア犬用のフードとして適している理由とは?

ピッコロがシニア犬用ドッグフードとして、愛されているのは分かりましたが、

もう少し、ピッコロのことが知りたいという方も多いと思います。

 

口コミの中にも散見されましたが、
ここではピッコロについてその特徴を簡単に補足しておきます。

 

  • グレインフリー(穀物不使用)
  • チキン&サーモンで70%の美味しさ
  • カロリー、脂質控えめ
  • 有害な添加物を使わない
  • 通販限定

 

特徴的な部分を挙げると、こんな感じです。
では、ひとつずつもう少しだけ補足していきます。

 

グレインフリー(穀物不使用)の何がいいの?

 

グレインフリーという言葉も最近になってようやく認知度が高まりました。
日本語でいえば、穀物を使っていない=穀物不使用となります。

 

元来の犬や猫は、穀物を食べることがなかったため、
人間のように唾液中に穀物を消化する酵素が含まれていません。

 

小麦やとうもろこしといった穀物類は、現実的には犬や猫に適していない食材なのです。

 

ですが、成型しやすかったり、穀物類を多く配合することで安価となるため、
原材料の多くを小麦やとうもろこしに頼っているフードもまだまだ多いです。

 

 

犬や猫にとって、消化しづらい食材は使わない−。

 

 

こんな当たり前のことを、当たり前にクリアしているのがピッコロです。

 

ペット先進国であるイギリスでは広く認知されているようですが、
日本ではまだまだそういった点は遅れているなぁ・・・と少し残念に思います。

 

 

チキン&サーモン70%の配合比率ってそんなにスゴイの?

 

先のグレインフリーとも関わってきますが、原材料の多くが小麦やとうもろこしであることは、
まだまだ、ドライフードの世界では大勢を占めます。

 

今、あなたがお使いのフードのパッケージ、
原材料表記の部分を確認してみてください。

 

通常、原材料の表記には決まりごとがあり、
その配合比率が多い順に掲載することが義務付けられています。

 

つまり、原材料表記の3番目くらいまでに、小麦やとうもろこし・・といった穀物類、
もしくは穀物類に由来する食材が記載されている場合、比率は間違いなく多いです。

 

 

ちなみに、
チキンとサーモンだけで70%占めるなんて、ドライフードでは有りえない数値です。

 

 

こういう比率って、半生タイプとかプレミアムとか呼ばれて、
缶詰に入っていたり、1回ごとの個別包装されているフードと同程度ですからね。

 

それを、ドライフードでやってのける。
経験を積んだワンちゃんたちが、ピッコロを選ぶのも分かる気がします。

 

ペットショップなどでも気になったら、色々なフードの原材料表記を見てみてくださいね。

 

 

カロリーと脂質ってシニア犬は控えなくちゃいけないの?

 

カロリーと脂質って摂り過ぎていいことは無いものなんです。

 

1歳くらいまでは、後々の健康のことも考えて、
成犬よりも高いカロリーを与えていたと思いますが、それでも摂り過ぎはいけません。

 

1日の中で運動量の落ちたシニア犬は、若いころと比較して、
カロリーも脂質もそれほど必要としません。

 

 

だから、食べ残しみたいな行動をとるようになるんです。

 

 

カロリーと脂質を落としつつ美味しいピッコロは、まさにシニア犬向き。

 

40代も中盤にさしかかり、健康がきになる・・・そんな、私自身が食べてみたい...とすら思います。

 

 

有害な添加物と通販限定になった理由とは?

 

当然の話ですが、ワンちゃんだって、人間だって、
人工の添加物を好んで摂る必要なんて、一切ありません。

 

発色をよくするためだけに着色料をつかい、
長期保存がきくように保存料をたっぷりつかう...。

 

正直、それが体によい−なんて、開発した方でも思わないでしょう。

 

 

ピッコロは、人工的な添加物を使用していません。

 

 

結果、日持ちしないため、店頭で販売するよりも、
できるだけ出来立てをお届けしたい−というポリシーで通販限定にしています。

 

人工的な保存料の代わりに、
ピッコロは天然の抗酸化物質(ミックストコフェロール)を使用しています。

 

あと、賞味期限が短いといっても、開封後3ヶ月が目安ですから普通は問題ないです。
また、パウチ式のパッケージを採用しているので、衛生的です。

 

 

あなたの笑顔と愛犬の健康のために...

シニア犬用のフード選びに迷っていたあなたに、少しは参考になるところがあったでしょうか?

 

シニア犬用ドッグフードとして、ピッコロが優れている点はご理解いただけたかと思います。

 

 

ただ、最後に1.5kg入りで3,960円(※)という価格は、
大量に流通している大手メーカーのフードと比べると、どうしても高いと思われがちです。
※お買い得に購入できる定期コースやまとめ買いもありますのでご安心ください

 

ですが、
この価格にあなたの笑顔と愛犬の健康も含まれている−、
としたら、それは単純に高い、安いの差ではないのでは?と、私は感じます。

 

 

段々と歳をかさね、動きも緩慢になり、散歩も喜ばなくなった愛犬。
顔を動かすのも億劫なのか、淋しそうに目くばせだけしてくる。
食事だって、もうほとんど残すように...

 

 

私がまだ学生だったころ、実家で13年に渡って共に成長、過ごした愛犬ボスの思い出です。

 

もし、あのころ、ピッコロがあったら...
食事の時間を楽しく過ごさせてあげられたかな?と、つい、振り返ってしまいます。

 

 

最後まで、元気よくガッツいてたな・・・なんて、最高の思い出だと、私は思います。

 

 

シニア犬用ドッグフード『ピッコロ』お申し込み・詳細は公式サイトからどうぞ♪